こんなシェアハウスもあるんだとか

シニアの活力を生かす

シェアハウスにはいろいろな形があります。最近、シェアハウスに人気が集まっているのは、シェアハウスにいろいろなバリエーションがあるからとも言えるでしょう。たとえば、最近のニュースの中に「多世代交流助け合い型シェアハウス」というシェアハウスの新たな形に関するニュースが取り上げられていました。なんだか、複雑な名前ですが、簡単に言うと単身のシニア世代がシングルマザーの世帯と同じシェアハウスで暮らすことによって、単身のシニア世代の活力をシングルマザーの支援に充てるという考え方のシェアハウスのようです。

このシェアハウスのメリットはどんなところにあるのでしょうか?シニア世代にもシングルマザーにもそれぞれに益があるという点です。シニア世代の方の中には自分が社会の役に立てていないと感じている方も少なくなありません。しかし、シングルマザーの助けになることでシニアの活力や経験を生かし、役に立っているという生きがいを感じてもらうことができるのです。もちろん、シングルマザーにとって大きな助けになるのは言うまでもありません。

誰かがいる安心感

それにしても、シェアハウスの一番のメリットで何でしょう?たくさんのメリットがあるわけですが、何か特別なコンセプト型のシェアハウスでない場合、やはりいつも同じ建物の中に誰かがいてくれる、誰かが近くにいてくれる、という安心感ではないでしょうか。風邪で寝込んだとき、身動きが取れないときに家族ほどではないものの、やはり助けを求められる人がいるというのは大きいのではないでしょうか。

体調が悪いときの一人暮らしほど寂しく感じることはないですよね。でも、家に帰るときに部屋に灯りがついているだけで私たちは心がホッとするものです。もちろん、誰かがいてくれるということは防犯の面でも助けになります。真っ暗な寒い部屋に一人で帰るのは寂しいだけでなく、やはり防犯上も良くないものですよね。特に女性の方であれば、これは大きな問題ではないでしょうか。こうした点を考えると、シェアハウスって確かに魅力的なライフスタイルだといえるのではないでしょうか。現在、一人暮らしの皆さん、一度考えてみるのはいかがですか。