シェアハウスの仲間たち

絆をつくろう、ホームパーティーにも挑戦しよう

見ず知らずの他人とひとつ屋根の下で暮らす、シェアハウスとは簡単に言えばそういうライフスタイルのことですよね。何故、このライフスタイルをわたしがオススメするのかというと、それはやはり人間関係が薄くなってきた世の中で、人と人とのつながりの大切さに改めて気付いて欲しいからに他なりません。

震災で浮かび上がってきた言葉は「絆」

とりわけ東日本大震災を経て、絆の大切さがよく言われるようになりました。実際、シェアハウスは入居時は見ず知らずであっても、日々の生活を通してシェアメイトとの人間関係を築いていくという楽しさがあります。交流イベントが開かれるシェアハウスもありますし、週末の食事をシェアメイトと一緒に作って交流を深めるシェアハウスもあります。学生時代はこうしたイベントはあったかもしれませんが、一旦社会に出ると、こういう機会はなかなかありそうでないものです。

一見すると面倒くさそうな他人との共同作業ですが、その実、温かさや様々なことへの意欲とつながっていく起爆剤になるのです。きっと、自分を成長させる良い機会になるはずです。

 

シェアハウスに住むのなら、一度はホームパーティーには挑戦しておこう

シェアハウスの暮らしの醍醐味のひとつはシェアハウス内で行うホームパーティーです。職場とは違う人間関係の中で、わいわい食卓を囲んで話せる機会が身近にあるというのは大きいですよね。シェアハウスを探す人の中にはハウス内のイベントがどのようなものかをチェックして探すという人もいるほどです。それだけ楽しい時間になるということですね。

パーティーのイメージ

こうしたイベントは入居している人たちが自主的に行うものもあれば、管理会社が主催して行うケースもあるようです。いずれにしても、仲間のために料理を作ったり、人のために何かを行う機会が増えますので、自分を成長させる上でも役立つはずです。

一生シェアハウスで暮らすわけではありませんが、だからこそ、ある期間を共に暮らし、一緒に励ましあったり、慰めあったり、食事を一緒に作ったりした仲間というのはかけがえの無い友人になるものです。そんな友人を作るという目的でシェアハウスに入居するのもよいかもしれません。